派遣比較TOP | 派遣のしくみと用語 | 派遣のメリットデメリット | 登録からお仕事までの流れ | 派遣コーディネーターとは | 当サイトについて |

派遣のしくみと基礎用語

スポンサードリンク


人材派遣は、多くの企業にとってなくてはならないシステムになっています。

そして、それに伴って派遣社員や派遣で働こうと考えている人も増えています。

ただ、派遣は正社員のようにわかりやすい2者での雇用形態ではありません。

派遣で働く人、人材派遣会社、実際に働く会社の3者での契約になります。

派遣で働く前に人材派遣のシステムについて基本的なことを知っておきましょう。


派遣の契約は3角関係〜派遣元と派遣先

派遣で働く場合、登場するのは

@派遣で働く人:派遣スタッフ:と呼ばれます

A人材派遣会社:派遣元と呼ばれています

B1の人が実際に働く会社:派遣先と呼ばれています

の3者です。


まず@の派遣で働く人とAの派遣元(派遣会社)は雇用関係にあります。
つまり、派遣で働く人が雇われているのは、派遣会社ということになります。

Aの派遣元(派遣会社)と派遣先の関係は、サービス契約の関係です。
これは派遣元が派遣先に働いてくれる人を提供しますよというサービス契約です。

では、@とBの関係は何かというと、使用関係にあります。

つまり、派遣で働く人は、実際働く職場に雇われているわけではなく、派遣会社(派遣元)に雇われていることになります。


スポンサードリンク


派遣労働者は法律で守られている

派遣で働く人(派遣スタッフ)は労働者派遣法で守られています。

この労働者派遣法は、派遣で働く人を守り、人材派遣業界が適正に業務を行うことを目的に制定されたものです。

この労働者派遣法は、2回改正されており、派遣スタッフの保護の強化と業界の整備が進んできています。

最近では、大手の派遣会社を中心に福利厚生やなど労働環境はもちろん、スキルアップなどサービスも充実してきています。

それぞれの派遣会社は派遣スタッフの確保のためほかにも良いサービスを提供してきているため、派遣で働く人にとって、派遣業界はさらに働きやすいものとなってきています。

人材派遣会社には登録型と常用型がある

派遣で働くには、登録をしておいて、仕事を紹介されて働くといった方が一般的ですが、実は人材派遣会社にはそのような登録型ともうひとつ常用型という種類があります。

登録型は今いったように、あらかじめ派遣会社に登録しておいてもらい、派遣先の仕事に合った派遣スタッフを派遣する方式です。

一般的に知られている有名派遣会社はほとんどこれにあたります。これを、一般労働者派遣事業と呼びます。

常用型というのは、派遣元(派遣会社)と派遣で働く人が雇用契約を結び、派遣先との契約が終わっても、雇用関係が続くという方式です。

派遣先との契約が終わっても雇用契約が続く点で登録型と違い、派遣スタッフの立場は安定したものになります。

この常用型をとっているのは技術職のケースがほとんどです。これを特定労働者派遣事業とよびます。