派遣比較TOP | 派遣のしくみと用語 | 派遣のメリットデメリット | 登録からお仕事までの流れ | 派遣コーディネーターとは | 当サイトについて |

派遣のメリット・デメリットは?

スポンサードリンク


派遣で働くにあたって、気になるのは派遣とは実際どうなのか?ということですね。

派遣で働く上でのメリットとデメリットを挙げていきます。


派遣で働くメリット

まずは、コレ!

・大企業で働ける、仕事を探す手間が省ける
・パートやアルバイトよりも時給が高い

派遣会社には企業からの仕事紹介案件がたくさん集まっています。

大手の派遣会社になれば、大企業や女子学生が就職したいランキングでの上位にランクインする憧れの企業の仕事がたくさんありますから、そこで働けるチャンスがあるというのは大きな魅力でしょう。

仕事に応募すれば、派遣会社が仕事を紹介してくれますから、自分で希望条件に合った仕事を探す手間も省けます。

アルバイトやパートで働くよりも時給が高い点もメリットです。
月収だけ見れば正社員より高いケースもあります。


次に

・福利厚生がしっかりしている
・派遣会社の研修でスキルアップができる
・コーディネーターにキャリアを相談できたり、自分で適正を再発見すること
ができる

といった点も挙げられます。

派遣スタッフは、労働者派遣法という法律で守られており、派遣会社もそういった点はしっかりしていますので、福利厚生はきちんとしています。正社員と変わらず、社会保険や有給休暇もとれるようになっているのです。

また、各派遣会社は派遣スタッフに対してスキルアップ研修にも力をいれています。これは、スタッフに優秀な人材になってもらえば、派遣会社にも「優秀な人材を派遣先に提供できる」というメリットがあるためです。
これらのスキルアップ研修や講座は、無料や安い価格で受けられるようになっているので、利用すれば、即戦力としてもスキルも上がって双方にメリットがあります。

また、各派遣会社のコーディネーターさんに仕事について相談できたり、キャリア診断など適職を把握するためのツールなどをおいている会社もあります。

これは会社によりますが、派遣会社のさまざまなツールを使えるという点では、利点があるでしょう。


スポンサードリンク

また

いろいろな人と出会えて、人脈が広がる
働き方が柔軟に選べる

といったことも挙げられます。

期間限定で働きたい、契約と契約の間にお休みをとったり、やりたいことをやったり、と働き方が柔軟な点も派遣のメリットです。

特にほかにやりたいことがある人や、環境が変わりやすい女性には派遣での働き方は向いているといえます。

派遣で働くデメリット

派遣のデメリットとしてはやはり、

・派遣ならではの不安定さ
・職場環境のストレス

などが挙げられます。

派遣は基本的に期間限定で働くものですから、契約が終了してまった後に、次の仕事が決まるかどうか不安を覚えることがあります。

ただ、現在企業は人手不足に悩んでおり、スキルや仕事がしっかり出来る人には仕事はあるでしょう。

派遣は年齢が上がってくると難しいという声もありますが、経理関係や営業など職種によってはスキルを持った40代、50代を求めるという場合もあります。

実際に派遣社員で年齢が上がっても常に引く手あまたという人もいますから、派遣に限らず、仕事というのは本人の能力や人物によるところが多いので、不安定さがデメリットになるかどうかはその人次第ということになりそうです。

また慣れない職場で派遣での職場環境のストレスを抱える人もいるようですが、これは、派遣された職場にもよるでしょう。派遣が多い職場、少ない職場、人間関係も働く場所によってさまざまです。人間関係をつくれる人、人の話を聞ける人、社会経験がある人に派遣には向いているようです。